*

2014年10月

健康ランドで測定

こないだ久しぶりに健康ランドに行ってきました。

健康ランドに行って必ず毎回してるのが、

課金して、体の詳細情報を教えてくれる体重計。

嬉しかったのが、内臓年齢。

なななななななななな、なんと、19歳!

超びっくり、超嬉しかったです。

だって実年齢からかけ離れてますから!!!

ちょっと目を疑ったり、測定ミスかと思ったww

でも、この体系なら、今度みんなでイベントTシャツ作成したやつ着るんだけど、

ちょっと自慢できるかなぁ~

太ってたらやだもんね。


健康管理

スポーツにつきものといってしまえばそれまでだけれど、怪我するまで、怪我がひどくなって引退、はよくある話。 

大抵のプロ選手、あるいは五輪レベルになれば軒並み限界越えまでやってるし、外国では違法薬物まで使ったり、旧ソ連、東欧では、メダルが取れればまだ良い方。ほとんどの選手、選手候補が何もなしで引退後、廃人になるという。こういう犠牲者の実態は表に出ず、華々しい所ばかり目立つから害については、暗黒面、真っ黒にしたまま。 

 

怪我に弱い、常習って選手も多い。 

プロ野球でも、アマチュア野球でも大人やチーム事情から投げさせ過ぎて、パンク、そのまま引退、はよくあるパターン。指導者、先輩が死後き抜いてつぶす、もあるし。 

単純に「怪我で出れなかった可愛そう」で終わるのではなく、そこに行くまでの過程、普段の過ごし方、スタッフ、本人の管理に問題、課題を見つけるべき。 

 

プロ野球でも毎度毎年怪我人がよそより多いチームは明らかに球団全体の体質だし、監督、トレーニングコーチの責任。「本人の全責任でたまたまやった」のでは済まされない現象。 

健康管理もプロなんだから。五輪代表なんだから。過ぎたるは及ばざるがごとし。 

健康管理がアマチュアな私はアルギニンの効果が出るかすら不安な毎日ですけどね。